2010年04月29日

囲碁 おもしろレッスン



関根直久7段はひょんなことから若娘に囲碁を教えることになる。
若娘の目標はなんと2年で2段!覚えるのが早い子供ですら初段になるのに1年はかかるというのにこりゃ大変だ。なぜ彼女はそんなことを思い立ったのか。理由は「父親と夫がいつも2人で囲碁を打って私なんて全然相手にしてくれない。早いとこ追い抜いてギャフンと言わせてやりたいわ!」という不順な動機なのだった。その父親と夫が2段なのである。


なるほど指導碁ってこうやるものなのか、という参考になる。期待どおり。
・同じ形を何度も反復する。最初はツギとか連絡の基本形とかから始めて、次第に選択肢が増える切りの形に持っていく。そして目を慣らしてから、手筋の習得。関根直久プロが初心者に向かって「石の生き死にはまだまだ先のことです」といってたのが印象的。

あと、やたら局面を難しくしない。初心者がついていけなくなるから。

読んでると、あまり関根プロは教えてないように見える。
教えすぎないこと。むしろ教えないくらいの方がいいのかも知れない。
考えさせるのが最良の指導法ってことか。


碁の内容が理解できなくても、何かしら吸収できる点や、文章だけでも面白いので初心者でも読むといい。むしろ最良の入門書と言えるかもしれない。碁に興味を持ったら読むのでも、早すぎることはない。ただ、後半の問題集は初心者には歯ごたえあるものばかりで、それは気になったけど。


羽根直久七段→関根直久七段に修正。
posted by かげろう at 07:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

これはすごい

囲碁blognetというサイトを発見した。囲碁ブログの更新情報が送られてくるのだそうだ。
さっそくリンク集に追加っと。
posted by かげろう at 09:54| Comment(2) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログより

「一番良い手はそれを打ち続けてはじめて一番良い手になる。一番良い手は綱渡りのようなもので渡りきって初めて良い手になる。だから一番良い手を目指してはいけない。」

http://www.gosquares.net/blog/20100320/232808.html

前田亮六段の言葉だそうです。

最善を打ってもその後上手く打てなければ悪手になる。
上手から教わった手を真似してるばかりではだめで、自分の理解できる手を打ちなさいってことですよね。ふーーむ。色々考えさせられるなぁ。
posted by かげろう at 09:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。