2010年09月01日

貧乏人の方が上達するのは早いのではないか

ふと、「貧乏人の方が上達するのは早いのではないか」という仮説を思いついた。
貧乏人は慎重に囲碁の本を選び、一度買った本は何度も読む。
所が金持ちは、本屋に行くとすぐ目移りし、何冊も本を貯め込む。1回しか読まない、または1回も読まないなんてザラである。これでは何も理解できない。よって上達などしない。

学生時代の僕がいい例である。bookoffにいって、これはという本を見つけた。そしてそれを何度も読んだ。新品で買ったのに、ボロボロになった本だってある。よって囲碁はよく上達した。
所が、お金を持ってから急に英語の勉強をしようと思い立った。本を何冊も買った。けど英語は上達しなかった。これは浮気性の所為であろう。
posted by かげろう at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。