2010年04月25日

ブログより

「一番良い手はそれを打ち続けてはじめて一番良い手になる。一番良い手は綱渡りのようなもので渡りきって初めて良い手になる。だから一番良い手を目指してはいけない。」

http://www.gosquares.net/blog/20100320/232808.html

前田亮六段の言葉だそうです。

最善を打ってもその後上手く打てなければ悪手になる。
上手から教わった手を真似してるばかりではだめで、自分の理解できる手を打ちなさいってことですよね。ふーーむ。色々考えさせられるなぁ。
posted by かげろう at 09:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。