2010年08月31日

一を聞いて十を知る

日本語には「一を聞いて十を知る」という諺がある。1つの言葉からいくつもの意味を察するという意味だが、これは例外なく囲碁にも当てはまるように思う。

囲碁には格言というものがある。格言とは囲碁における重要な考え方を一言で表現したものだが、よく考えられていると思う。

たとえば厚みに関する格言なら、「厚みは囲うな」「厚みは攻めに活かせ」「厚みに近づくな」と色々あるが、これは同じ事を複数の言葉で言い表したに過ぎない。すなわち、「厚みは囲うな」には、「厚みは攻めに活かせ」の意味も含んでるし、「厚みに近づくな」という意味も含んでいる。また、「相手に厚みを囲わせた方がよい=凝り形にさせる」なんて意味もある。これらの意味を「厚みは囲うな」という一言から察するのが冒頭の「一を聞いて十を知る」ということだ。

とはいっても、よほど頭がよくない限りこんなことは出来るわけではない。そこで上手(うわて)や本に頼ることになる。1冊の本に書いてある事を9割ほど習得できれば間違いなく力はつく。初心者のうちは序盤からヨセまで一局丸ごと解説した本が望ましい。1冊の本のみをトコトン勉強するのだ。

とは言ってもそれほどの根気がないなんて人は中にはいる。そこで上手に頼る事になるわけだが、上手はよく理解してるから一を教えれば十理解してくれるだろうと勝手に思ってしまう。そこに落とし穴があるわけである。

勉強に復習は欠かせない。人間は忘れる生き物である。1から10まで教われば1から10まで覚え切れるわけではない。なので復習は重要である。

同じように、教え手は教えられる側をうまくフィードバックしなければならない。たとえば10の事を教えたら、教えた10のことはちゃんとできてるか確認するのだ。できてなかったらまた教える。それを繰り返すうちに下手はどうにか10の事をこなすことができるようになる。とはいっても、10の事を同時に教えるのは骨が折れる。教わる方も大変だ。なのでいっぺんに教える内容は1〜3つ位がちょうどいいのではないか。

たとえば上手が1の事を教えたとする。1には10もの意味が含まれているから下手はそれらすべてをいきなり完璧にこなせるようになるわけではない。過ぎたるは及ばざるがごとしという。たとえば「弱い石から動け」と言われて、強い石からも動くようになることを指す。これは弱い石から動かなかったのと同じ事をしているのだとこの諺は伝えている。

なので教え手は、過ぎないように、足らないなんてならないように、うまい位置にいくように指導してやる必要がある。それをフィードバックと呼ぶ。

上手な教え手というのは、このフィードバックがしっかりしている。1を教えただけで10を理解させるなんて度台ムリな話だから、コツコツ1つ1つ教えていこうというのである。

教えるのも骨が折れる。そう簡単ではないのだ。
posted by かげろう at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。