2015年12月20日

理解の6段階

弱い石同士はつながると強くなる→弱い石は中央に逃げ出すとよい
例外はあるがまず頭を出す事を考えよう。
ネットサーフィン中に理解の6段階というものを見つけた。
囲碁に適用してみたい。

1,その定義を言えるようになる
→「石の生きと死」の定義を言えるようになる

2,その定義を自分の言葉で言い換えられるようになる

3,その定義にあてはまる例と例外を区別できるようになる
→中で生きてしまった方がいい場合と中央に逃げ出した方がいい場合を区別できるようになる。
→捨ててしまった方がいい石を判断できるようになる。

4,その定義の例を自分で考えられるようになる
→生きてる石の塊を作ってみてください。

5,その概念を適用すべきタイミングに現場で気づけるようになる
→実践で死にそうな石に気づいてますか。

6,その概念知識を現場で適切に活用できる
→実践で死にそうな石を適切に処理して助ける事ができますか。

感想
元ネタはやや抽象的でわかりにくい。
5番が3,4番より重要な概念に思えるのだが、そこらへんはやはり囲碁は実戦を積み重ねて強くなっていくことを象徴してのことか。

参考
http://www.slideshare.net/hysmrk/10-45570930
posted by かげろう at 11:19| Comment(0) | 入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。