2010年08月12日

東大教養囲碁講座



この本の特徴。

・全くの初心者を3ヶ月で10級に。
これは具体的な成果の部分。全13回の講義で学生を10級にまでしてしまうのはすごいと思った。

・囲碁のルールに慣れさせてから基本を徹底的に
ある程度強くなってからも囲碁を石取りゲームと勘違いしてる人がいる。度を超すとそれが囲碁でなく別ゲームになってしまう。たぶん最初が肝心で、最初に石取りゲームのイメージを持ってしまうとそのイメージを後々まで引きずることになるのだろう。
本書では石埋めゲームを使ってその点を解決している。ルールは囲碁とほとんど同じだが、勝敗の決め方が異なる。すなわち、盤面により多くの石を置いた方が勝ちとなる(囲碁の場合はより多くの地を囲った方が勝ち)。石をより多く置くためには、相手が打ってきても取れる場所(地)を大きくする必要がある。なので考え方としては囲碁と大きく変わる所はない。
これが囲碁のルールに慣れるために案外効果的なようだ。

・基本を徹底的に
基本を徹底的にといっても、定石や石の形など、その場その場においてほぼ絶対的なことは教えないのだそうだ。教えるのは、状況によって打ち方が変わるときにどういう風に考えたらいいか。それを言葉化して教えてる。(ここではその言葉を石倉式格言と呼ぶ。)
これは石倉九段が得意とする所で、石倉九段の他の著書との相違はほとんどない。でも本書はやや基礎的な事に重心を置いている印象を受けた。

・「決め打ち碁」を使って具体的に
決め打ち碁とは、2人が盤の前に向かい合って座り、大盤で先生が並べた通りに打っていく打ち方のことだ。1人が黒を持ち、もう1人が白を持つ。それを9路盤、19路盤とやっていく。
最初に石倉式格言が出てきて、そして石を並べながらその格言を確認していくという方針だ。言葉だけでは分かりずらい所も、並べることによって理解を早める狙いがある。

・問題がとにかく多い。
1章を除いて章の最後に基本的な問題がついてる。

・なんといっても親切設計
石倉式格言が、同じのが何度も出てくるから読者は自然と何回も読まされることになる。これが案外重要で、やはり一回読んだだけでは抜け落ちてしまうのだ。しかも!格言の部分は背景が灰色色の枠で囲ってあるから後で見直すときも、探しやすいようにできている。なので、最初に通読したあと、石倉式格言だけを復習するといった使い方もできる。ああ、なんて親切なんだ!

・読者層としては、
やはり、これから囲碁を始めようと思っている入門者に読んでもらいたい。次に、基礎的な事を確認したい初心者だ。囲碁を教える立場にある人も読んでいいかもしれない。などと思った。
posted by かげろう at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

囲碁おもしろレッスンから

囲碁おもしろレッスン 関根直久著 から印象深い言葉を抜き出して見るテス



 なるべく少ない知識をより多くの場面に応用させる。
 簡単そうだが、実はかなり大変なのである。何が大変かというと、反復反復に対するお互いの辛抱である。
(中略)
 辛抱が続けば、いずれ結果が必ず出る。
 どんな結果かというと、予測不可能な色々な展開の場面で、ごく自然に、それなりの対応ができるようになるからである。
 理論を超越し、条件反射のように思い浮かぶ着手。これらはすべて反復練習から得た無意識の応用と考えて差し支えなく、これらが円滑にいくようになれば、アマ初段へのエスカレーターに乗ったも同然である。
p57

 一つの着手、あるいは一連の打交でできた形、その共通点をいかに把握するかが理解力につながるカギでもある。
p67

 問題集に取り組む絶対的なポイントは、制限時間を厳守していただきたいこと。一ページに四題、見開きで八題、制限時間は見開き八題で一分以内(理想は四十秒)。
(中略)
より早く形に反応できるかどうかのトレーニングなのである。
posted by かげろう at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

囲碁 おもしろレッスン



関根直久7段はひょんなことから若娘に囲碁を教えることになる。
若娘の目標はなんと2年で2段!覚えるのが早い子供ですら初段になるのに1年はかかるというのにこりゃ大変だ。なぜ彼女はそんなことを思い立ったのか。理由は「父親と夫がいつも2人で囲碁を打って私なんて全然相手にしてくれない。早いとこ追い抜いてギャフンと言わせてやりたいわ!」という不順な動機なのだった。その父親と夫が2段なのである。


なるほど指導碁ってこうやるものなのか、という参考になる。期待どおり。
・同じ形を何度も反復する。最初はツギとか連絡の基本形とかから始めて、次第に選択肢が増える切りの形に持っていく。そして目を慣らしてから、手筋の習得。関根直久プロが初心者に向かって「石の生き死にはまだまだ先のことです」といってたのが印象的。

あと、やたら局面を難しくしない。初心者がついていけなくなるから。

読んでると、あまり関根プロは教えてないように見える。
教えすぎないこと。むしろ教えないくらいの方がいいのかも知れない。
考えさせるのが最良の指導法ってことか。


碁の内容が理解できなくても、何かしら吸収できる点や、文章だけでも面白いので初心者でも読むといい。むしろ最良の入門書と言えるかもしれない。碁に興味を持ったら読むのでも、早すぎることはない。ただ、後半の問題集は初心者には歯ごたえあるものばかりで、それは気になったけど。


羽根直久七段→関根直久七段に修正。
posted by かげろう at 07:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。